なんのブログ

おばさんのどうにかしたいという思ってるだけのブログ

9月19日

一昨日、私の中でかなりショックなことがあった。

朝に茹でて夜に出そうと思った枝豆が半分以上なくなっていたのだ。

夫と子供に、食べたか聞いたけど、二人とも食べてないと。ほんとに食べてないか何度か聞いても絶対食べてないと。子供一人の時間もあったし、お昼は子供とランチ行ったので、家を空けていた時間もあったので、私は泥棒に間違いないと思い、監視カメラを付けなければいけない、またこんなことあったら気持ち悪いと本気でカメラ調べた。枝豆を食べる泥棒、とかネット検索していた。

私は頭がおかしいのだろうか。


夫は子供が嘘をついていると思うと、夜遅く言ってきた。私は、まさか、と信じられなかった。

子供は、枝豆あるって今まで知らなかった、とか、お父さんが笑ってたから、お父さんが食べたと思ってた、と言っていたし、私が泥棒の仕業かな、入られて気持ち悪い、と言い出したら、本気で怖がってお風呂も一人で入れなくなったから。


夫に言われた翌日、学校から帰って来た子供に、今から警察に来てもらって3人の唾液調べてもらう、3人の唾液と枝豆に付いてる唾液が違えば、泥棒が入ったことになるし、と話し出したら、すごーく時間を置いて、ものすごく言いたくなさそうに紙にごめんなさいと書き出した。


私が怖くて食べたと言えなかった、と。


私は鬼ババアなのだろうか、

こんなにも本当のことを言えないまで追い詰めているのだろうか、

枝豆食べたくらいで怒るわけないのに。。


そして私が泥棒かと本気で怖がっていた時も、同じように怖がる演技が出来る息子に恐怖を感じ、頭がおかしくなりなりそうだった。

少し疑った時も切れ気味に、ちがう!!!って言ってたのに、結局お前かよ、って。


こうしないといけない、私はこの要求が子供にたいして強すぎるのだろう、

もう子供に過度な期待というものはしないで、少し、今より距離を置いて接していかなければ、子供もおかしくなるし、もっと嘘をつきたくなるだろうし、私もとんでもない方向に虐待母になるおそれもある。そして中高生になった息子に反抗されてオイオイ泣いているクソババになるだろう。


疲れた。


枝豆、泥棒、本気で調べてる時点でおかしいよな。

子供、怖い、ほんとにわたしが産んだんだろうか、産んだか。

たいしたことない、と思わないといけないことはわかっている。


この事件の数時間前、子供と楽しくランチに行った時のもの。お腹が死ぬほど空いたから食べに行こって言われたんだよね